【ご参考】今の「類似業種比準方式」ができるまで~改正の経緯と今後の展望

先日(少し前の4月ですが…)、大手コンサティング会社様の社内研修にて、
標題の「今の「類似業種比準方式」ができるまで~改正の経緯と今後の展望」
というお話を約1時間ほどさせて頂きました。
経産省の資料(H28税制改正資料)によりますと、
取引相場のない株式の評価方式のあり方について早急な検討を行うとありますので、
これまでの評基通の改正経緯を振り返っておくことは有用のように思えます。

このたびは、会社様の御厚意によりお許しを頂きまして、
その時の資料を、ご参考までに弊事務所HPでもUP致します。

ご興味のある方はご覧くださいませ

【資料】PDF

今の類似業種比準方式ができるまで 資料

【内容】
1.はじめに
2.評価方法の変遷~「類似業種」以前の評価
3.「取引相場のない株式」の評価の改正推移
~類似業種比準方式の「位置づけ」の変化
4.標本会社の構成にも変化あり!
~「業種選択」は類似業種比準の「主観」要素

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です