【説明会】2018/1/21横浜中青色申告会「個人事業 決算説明会」の講師をさせて頂きました。

H300121決算説明会資料(不動産所得編)P38~40_0002_0001H300121決算説明会資料(不動産所得編)P38~40

平成30年1月21日(日)、横浜市健康福祉総合センターにおきまして、横浜中青色申告会様開催の「個人事業者 決算説明会」の講師をさせて頂きました。

(一般事業者)1/21(日)10:00~11:45
(不動産事業者)1/21(日)14:00~15:45

場所 横浜市健康福祉総合センター9F

少し開催時期が早いためか、例年に比して沢山の方にご参加頂きました(事務局の方、誠に有難うございます。) また、ご参加頂いた方々も、長時間の説明会、大変お疲れ様でございました。
一応「はじめて決算を行う方」を念頭に置いていたのですが、半分の方は既に経験がある方のようでしたね (さすが青色申告会の会員の方とあって、既にご自分で決算書の下書きをお持ちの方も)。「ネットで勉強会を探していた」という他の区からの熱心な参加者もいらっしゃり、頭が下がる思いです。
また、お話しを聞いてみると、クラウド会計など新しいソフトをご利用の方が増えている印象です (特に減価償却資産の前期末残高をソフトに上手く登録できていない等の質問も何件が受けました。ソフトが違っても似たようなところで悩むのでしょうね。)不動産所得の方は、やはり減価償却や修繕費の質問が多かったです。
新規の会員になりそうな方もいらっしゃって、何とか責務を果たすことができました。
これから本格的な確定申告シーズンに入りますが、頑張って参りましょう!

※横浜青色申告会様のご厚意で、配布レジュメの公開の許可を頂きました。
アップロードしましたので、ご参考にして頂ければ幸いです。

【一般事業者編】

H300121決算説明会資料(一般事業者編)P1~13

H300121決算説明会資料(一般事業者編)P14~22

H300121決算説明会資料(一般事業者編)P23~31

H300121決算説明会資料(一般事業者編)P32~36

H300121決算説明会資料(一般事業者編)P37~40

【不動産事業者編】

H300121決算説明会資料(不動産所得編)P1~13

H300121決算説明会資料(不動産所得編)P14~27

H300121決算説明会資料(不動産所得編)P28~37

H300121決算説明会資料(不動産所得編)P38~40

【説明会】2017/1/28・29横浜中青色申告会「個人事業者 決算説明会」の講師をさせて頂きました。

今年も下記の日程で、横浜中青色申告会様主催の「個人事業者 決算説明会」の講師をさせて頂きました。

(一般事業者)1/28(土)10:00~12:00

(不動産事業者)1/29(日)10:00~12:00

場所 横浜市健康福祉総合センター8F

今回もプロジェクターを持ち込み、張り切って臨んだのですが、比較的少人数だったので…急遽「講義式」ではなく「対面式」でお話しをさせて頂きました(ipad12.9インチを買っておいてよかったです…)。一人一人の疑問に直接、時間をかけてお答えできたので、こういう形もたまには良いのかなと感じました(意外とめずらしい職種の方もいらっしゃいました。とても勉強になりました)。平成28年分の決算事項については、特に変わったところはございませんでしたが、マイナンバーの記載について解説させて頂きました。申告書B様式には「事業専従者」のマイナンバー記載欄がございます。そちらも是非ご確認頂けばと存じます。参加の皆様、有難うございました。

 

 

【説明会】2016/1/30横浜中青色申告会「個人事業者 決算説明会(一般事業者編)」の講師をさせて頂きました。

掲載用 先週に引き続きまして、本日も横浜市健康福祉センターにて、横浜中青色申告会主催「個人事業者 決算説明会(一般事業者編)」の講師をさせて頂きました。

特に本日は天候が悪い中のご出席頂き、会員様ほかご参加の方々、誠に有難うございました。

今回は決算のFAQである棚卸・家事関連費の按分などの他、青色申告の固有論点を取り上げるとともに不動産所得編の資料を少し手直しして、減価償却や貸借対象表(期中取得資産の記載や期首の元入金の記載方法など)についても実際の作成を意識したものをご用意致しましたが、いかがでしたでしょうかね?

同じ所得税の申告をされる方といっても、不動産取得の方の関心事は、やはり減価償却と修繕費の取扱いに集中しますが、事業所得の方は、お仕事によって興味のポイントが千差万別。今回もご参加の方からのいろいろとお話をお伺いし、大変勉強になりました。

また、申告会の方との雑談で、このような説明会も時間が合わず出席できない方もいらっしゃるので、youtubeに上げてみるとよいのでは?との話が上がりました。実現できるとよいですね(その時には、是非私にも何かお手伝いさせて頂きたいなあ~と思います。)。

はじめに 1.はじめに~「取引」から「決算書」「申告書」の作成まで2.決算書(所得の計算)と申告書(税金の計算)

3.事業所得の収入金額・必要経費などの勘定科目

青色申告 4.青色申告・青色決算書とは?5.青色申告を行いたいときは?

6.求められる「記帳の水準」は?

7.帳簿の記載例(伝票会計・複式簿記)【参考】簡易帳簿・白色申告者

青色決算書 8.青色申告決算書(一般用)の構成9.青色申告決算書(一般用)1頁目

10.青色申告決算書(一般用)2頁目

収益計上・必要経費 11.1・2頁の留意事項① 収益計上時期の原則12.1・2頁の留意事項② 売上原価と棚卸の仕方

13.1・2頁の留意事項③ 青色事業専従者給与

14.1・2頁の留意事項④ 必要経費(減価償却費・修繕費以外)

15.1・2頁の留意事項⑤ 売掛金等が回収不能となった場合

減価償却 16.青色申告決算書(一般用)3頁目17.減価償却費とは?

18.減価償却費の計算

19.減価償却資産の法定耐用年数(耐用年数表)

20.減価償却資産の償却率表

修繕費 21.修繕費と資本的支出の違い22.修繕費と資本的支出の判断基準(フローチャート)

23.修繕費のFAQ

開業費 24.開業費
貸借対照表 25.青色申告決算書(一般用)4頁目

【無料相談】15/10/11「えびな商工フェア」無料合同相談会に参加してきました!

151011_152233 151011_152243昨年に続きまして、今年も海老名中央公園で開催された「商工フェスタ」におきまして、他士業の先生(主に行政書士の先生)とともに「無料合同相談会」に参加させて頂きました!

午前中はぐつついた天気でしたが、午後は雨も上がり今年も大変盛況でございました!

 

御来場の皆様、相談会参加の先生方、大変お疲れ様でございました。

【追加】

追加の無料相談会のチラシもUPしておきます。

2015合同無料相談会

 

【セミナー】15/01/31横浜中青色申告会「個人事業者 決算説明会」の講師をさせて頂きました

DSC00206-2 本日、横浜市健康福祉センター9Fにおきまして、横浜中青色申告会主催の「自営業(個人事業者)決算説明会」の講師をさせて頂きました(不動産書所得の方 9:15~10:15・事業所得の方 10:30~11:45)。

1時間という限られた時間であったことや、不動産所得の方と事業所得の方が時間入れ替え制であったため、質疑応答や個別のご質問の答えるお時間が作れなかったこと、大変失礼致しました。

はじめて、青色決算に望まれる方の中には、不安な気持ちをお持ちの方もいらっしゃるかと存じますが、一度やってみればば、腑に落ちるところもあると思います。本日のセミナーでは大まかなポイントを理解して頂き、特に自分の事業に当てはまるところを重点的にチェックして頂けますと幸いです

御参加の皆様、お疲れさまでございました!

【内容】一般・事業所得者の方(抜粋)

はじめに―「確定申告書」と「決算書」/青色申告・青色決算とは?/青色申告を行いたいときは?/求められる「記帳の水準」/「取引」から「決算書」まで/青色申告決算書(一般用)1頁目/青色申告決算書(一般用)2頁目/1・2頁目の留意事項① 収入計上時期の原則/1・2頁目の留意事項② 売上原価計算と棚卸の仕方/1・2頁目の留意事項③ 青色事業専従者給与/1・2頁目の留意事項④ 必要経費(減価償却・修繕費以外)/1・2頁目の留意事項⑤ 売掛金が回収不能となった場合/青色申告決算書(一般用)3頁目/減価償却とは/減価償却費の計算/減価償却資産の法定耐用年数(耐用年数表)/減価償却資産の償却率表/修繕費と資本的支出の違い/修繕費と資本的支出の判断基準/青色申告決算書(不動産所得用)4頁目

 

 

【無料相談】14/11/24「えびな商工フェア」無料合同相談会に参加しました!

201411241007000201411240934001本日は支部の先生にお声掛け頂き、「えびな商工フェア」で行われた行政書士の先生・司法書士の先生との「無料合同相談会」に参加してまいりました。

チラシを配っては「相談」、チラシを配っては「相談」という慌ただしい一日でしたが、大変盛況でございました!(写真は寂しいですが…開場前のものですので誤解なく!)。

相談内容としては、やはり平成27年改正後の相続税の負担増を御心配の方、住宅取得等資金の贈与の非課税の適用関係を確認したい方などが多かったですかね(なんとなく資料を用意しておいて良かったです)。

休日のビナウォークや海老名中央公園には初めて訪れましたが、大変充実していますね!

ご来場いただいた皆様、相談会ご参加の先生方、誠にお疲れさまでございました。

【セミナー】14/10/16 よこはま創生協同組合様 勉強会『気になる「税理士の頭の中」~中小企業の経営者にとって悩ましい「税理士とのマッチング」』の講師をさせて頂きました。

よこはま創生協同組合

昨日(14/10/16)よこはま創生協同組合様主催の勉強会にて講師を務めさせて頂きました。タイトルは『気になる「税理士の頭の中」~中小企業の経営者にとって悩ましい「税理士とのマッチング」』。なかなか聞きづらい税理士事務所の経営状況や業界の雰囲気、税理士とクライアント様の意識のギャップ、税理士サイドからみた報酬設計の考え方などの一端をお話させて頂きました。

かなり私の独断と偏見に満ちた内容でございましたが…御参加いただいた方におかれましては熱心に御清聴頂きまして、誠に有難うございました。

使用致しましたレジュメの方もUPしておきます。→気になる「税理士の頭の中」~中小企業にとって悩ましい税理士とのマッチング

【内容】税理士登録者・税理士法人届出数/税理士業界を取り巻く要因(競争要因)/資格別税理士登録者数/税理士の年齢・事務所の年商/税理士の考える報酬分析(業務マッピング)/税理士報酬のビジネスモデルの特徴/税理士の選び方/税理士に「やらせたい」コミニケーション

 

 

【セミナー】14/6/22青申会「知らないと損する消費税セミナー」の講師を務めさせていただきました

青色申告会2

本日は横浜社会福祉センター9Fにて、横浜中青色申告会様主催の「知らないと損する消費税セミナー」の講師を担当させて頂きました。

個人事業者様向けに「消費税のあらまし」「寄せられた疑問・質問への御回答」の2部構成・約2時間でお話しさせて頂きましたが、皆様とても熱心にお話しを聞いていらっしゃったが印象的でした(消費税転嫁対策特別措置法など、少し話題を詰め込み過ぎてしまったかもしれませんね…時間を少しオーバーしてしまい大変申し訳ございませんでした。)御参加の皆様、お疲れさまでございました!

※ 使用したレジュメもアップロードしておきます!→  知らないと損する消費税セミナー

第1部 消費税のあらまし 

消費税の基本的な仕組み/納税義務者と計算方法/納税義務の判定/届出書の提出期限/課税対象となる取引・ならない取引/課税対象の4要件~国内取引/課税対象の4要件~事業性・対価性・資産の譲渡等/非課税取引・免税取引 /仕入税額控除の計算(簡易課税の場合)/仕入税額控除の場合(一般の場合)/仕入税額控除(一般)を受けるための帳簿の記載方法

【転嫁対策措置法編】

価格転嫁に対する留意事項/転嫁拒否等の行為の禁止/転嫁阻害表示/総額表示の特例/誤認防止措置の具体例

第2部 寄せられた疑問・質問への御回答

Q1 消費税は申告しないといけないの?いつ申告するの?/Q2 自営業者の人は皆、消費税を申告しているの?/Q3 お客様から消費税をもらっていないのに消費税申告を行うのか?/Q4 消費税の申告対象者となると税務署から連絡がくるの?/Q5 来年も消費税を申告するが、経理(帳簿)はいままでのやり方でよいのか?/Q6 店舗家賃分の消費税がもらえない!(不動産オーナー)/Q7 お客様から消費税をもらえない(飲食店経営)/販売・サービス価格を勝手に決めてよいのか(理美容業経営)

消費税について何かご不明の点がございましたら、お気軽にご相談下さい!

税理士 飯田真之(contact@iida-cpta.com

 

 

【勉強会】浅田すぐる先生の「1枚で見える化」参加しました!

先週の水曜日(11/20)に、税理士の後藤さん主催の若手税理士の研修会(於:横浜技能会館)に出席させて頂きました。その後の懇親会の写真をお送り頂いたので、当ブログにUPしておきます(皆様、お疲れさまでございました!)

NCM_0246

 

 

 

 

 

 

 

 

1.浅田すぐる先生の「1枚で見える化」

今回の研修の講師は、浅田すぐる先生。トヨタ自動車、グロービスのご出身で、「1枚で見える化」というホワイトカラーの業務改善・プレゼン指導がご専門の先生だそうです。日頃受講している税務研修とは全く趣向が異なるもので、興味深く拝聴させて頂きました。

先生曰く、仕事をスムーズに進めるコツは「情報を整理し・考えをまとめ・相手に伝える」ということに尽きるとのことです。

① 状況把握のために必要な「情報を整理し」

② 自分なり(組織なり)の「考え方をまとめ」

③ 相手が理解共感できるように「伝える」

これを体現するツールの最初のステップとして御紹介頂いたのが「16分割メモ」。A4の紙を「4×4」でコマ割りして、連想したことを書き出していく(①の「情報の整理」)。これを蛍光ペンなどでグルーピングした上で(②の「考え方をまとめる」)、相手と一緒にその紙の上でグルーピングしたものを繋いで説明を行う(相手と一緒に「考え」をなぞっていく。③の「伝える」)という約90分のワークショップでした。

この「16分割メモ」はやって見ると、確かに「速く」て、「楽」で「視覚的にわかりやすい」(作りながらプレゼンできるので、後でPowerPointの資料など作らなくてよいし)。税務の無料相談会など、対面式で、あまり税務知識がない方のお話しを整理しながら、相談を進めていくのに使えそうだな…と感じました。

 

2.税理士にありがちな説明口調―PREP法・法的三段論法

税務という仕事をしていると、どうしても「PREP法」のような説明口調になってしまいます(「質疑応答集」や「実務問答集」のQ&Aのようなものが典型ですかね)。「PREP法」とは、①Point(結論)→②Reason(理由)→③Example(事例)→④再度Point(結論)という順序で行う説明の型みたいなものです。

例えば、税務相談などでは、

① Point…△△さんの○○という支出は必要経費に算入できません

② Reason…何故なら所得税法には×××という規定があり、これこれ■■という風に取り扱われるからです。

③ Example…例えば△△さんの場合には、○○というのが■■に当てはまってしまいます

④ Point…したがって、誠に残念ながら○○は必要経費に算入できないのです。

という形でお答えする感じですかね。この説明順序は法律でいうところの「法的三段論法」という説明手法にすごく馴染むものでもあります(「問題提起」→「規範定立」→「当てはめ」→「結論」)。ただ、私が最近まで在籍していたような大手の税理士法人ならば、この説明手法で問題はなかったのですが、開業後の正面クライアント様となる、あまり税務知識のない納税者様とお話しするとなると工夫が必要じゃないかなと考えていたところでした。

 

3.士業の問題意識―野口吉昭先生の『コンサルタントの「解答力」』

加えて、浅田先生のお話しにあった「情報を整理し・考えをまとめ・相手に伝える」というのは、士業の人間の日常の問題意識と共通するものだな―と感じました。先生のレクチャーを聞きながら、野口吉昭さんの『コンサルタントの「解答力」』(PHP新書、2009年)に記されたことを思い出しました。

野口先生曰く、コンサルタントは要望・質問・依頼事項の「背景・前提・期待の全体像を解きほぐす」ことが、具体的な現場での仕事の推進方法だそうです(p17~18)。「背景・前提・期待」を表面的にわかったつもりで「模範回答」を出しているようではダメで、「解きほぐせ!」ということのようです(そのため、本の題名が「回答力」でなく「解答力」だそうです)。こちらの先生も

① 「期待値を読む」―徹底的に相手軸に立つ

② 「本質を彫り出す」―核心に迫る「答え」を示す

③ 「伝え方を考える」―納得して共感してもらえる伝え方(ロジックとパッションで人を動かす)

と3点を掲げられていました。今回お話しを聞かせて頂いた浅田先生の「情報を整理し・考えをまとめ・相手に伝える」≒「期待値を読む・本質を彫り出す・伝え方を考える」と問題意識が近いのかなと感じました。

 

4.クライアントは「見える化」できただけでも随分楽になる!

実際にこちらの本でも「相手軸」にちゃんと立ってあげれば、「相談」という形式をとっていても「アドバイスや答えや説教をしてほしくて、相談を求めているわけではない」(p72)こともあると記されていて、私もそういうこともママあることだと感じています。「自分の苦しみのありかがどこに潜んでいたのか『見える化』できただけでもクライアントはずいぶん楽になる」(p73)と記されています(こういうところが顧客満足度とも密接に関連するのでしょう)。今回の浅田先生のワークショップでご紹介頂いた「16分割メモ」の手法も大いに「アリ」だなと感じました。

『見える化』というのは今風で格好の良い言葉ですが、私どもの仕事の「根っこ」に関わる「泥臭い」ものであると私は思っています(まあ会計も本当は『見える化』の一つです。もっとも、『見えるか!!』と怒られそうですが(笑))。そういう意味でも後藤先生に浅田先生のワークショップをご案内頂いて、非常に参考になりました(来年の確定申告の相談会などで使えるまで、落とし込まなくては…)。

講師の浅田先生には、わざわざ横浜まで来ていただき、貴重なお話しを聞かせて頂きました。その後の懇親会にもご参加いただきまして、誠に有難うございました。先生のHP・ブログの方も下記に御案内させて頂きます。

飯田真之

【浅田すぐる先生HP】 http://www.reservestock.jp/1779

【浅田すぐる先生ブログ】 http://ameblo.jp/1sheet-genius/